総量規制対象外なら年収証明が要らない

キャッシングやカードローンは担保も保証人も不要で素早くお金を借りる事が出来て便利でありますが、いくら便利であるとは言っても何も審査を行わずにお金を借りる事が出来る訳では無いです。そして審査を行う際には色々と自己申告する必要がありますが、それ以外にも書類の提出が求められます。

その提出する書類の一つが年収証明なのですが、年収証明の提出については総量規制では次のように決められています。まず、借入金額が50万円を超える時、そしてもう一つが他での借り入れと合わせて100万円を超える時となっているのです。見方を変えれば総量規制では他に借金が無くて50万円以下の借入ならば提出が必要となる訳では無いという事になります。そして総量規制が適用される消費者金融のキャッシングでは、それに合わせて50万円以下ならば提出が不要となっている事が多いです。

一方、50万円を超える金額を借りたいが年収証明の提出は避けたいという場合についても提出は避けられないわけでは無く対処法は存在していて、総量規制対象外となる銀行のカードローンならば提出する必要が無くて済む可能性があります。ただし、あくまでも提出義務の条件が定められていないというだけで、一定金額以上の借入では提出を求められる可能性は高いです。いくらで求められるかというのは100万円超や200万円超、あるいは300万円超と定められている銀行もあるので、自分で個別に確認をしてみる必要があります。
おまとめローンDX - 低金利おまとめローンおすすめポイントと選び方はこちら