キャッシングと銀行融資の違い

キャッシングと銀行の融資の違いでポイントになるのは、借入をする際にキャッシングには必ず融資の限度額が設けられることです。この融資の限度額は総量規制と呼ばれていて、この適用があるかないかがキャッシングと銀行のサービスを大きく分ける基準になっています。
そもそも、融資の契約で最も懸念しなくてはならないトラブルは、消費者金融と消費者が金銭の返済に関してトラブルになってしまうことです。限度額を設定しないで契約をすると、消費者が日常生活を送ることが出来ないほどの負担を強いられてしまうことも考えられます。これは、消費者金融にとってもあまり良くない事態であるといえます。消費者には、債務整理を利用した債務を免責する手段が存在しますので、仮に債務者がこの手段を行使すると残された債務は全て無かったことになり、その分の損失を全て消費者金融が背負わなくてはならない結果になるのです。このようなことにならないようにするために、安全性を向上させる総量規制という規制が考えられたわけです。事実、消費者金融では限度額が存在する影響で無担保で現金を借りることができるので、融資を受ける際のリスクがほとんど存在しないのです。
誰でもお金を借りることが可能な少額の借入の場合には、一般的な消費者がより現金を借りるために行動をしてしまう危険性が出てきます。そうした危険性を予め排除しておくことが安全性を考慮した総量規制の目的となっているのです。
キャッシングで即日借りれる【お急ぎの方必見】はこちら